トーナメントダメージシミュレーター

このツールの今後の改修にあたって簡単なアンケートを実施してます!
一瞬で終わる質問なので、ご協力よろしくお願いします!!→→→こちらから

更新履歴

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓
2014.10.16
テスト修正中
2014.9.27
[段位追加]壱式(11段)を追加しました。また、十段の出現敵パターンに赤ニャオルと青ライブラの組み合わせを追加しました。
2014.9.3
コメントで指摘のあったSS発動ターンについての補足を「使い方」に記載しました。
2014.8.29
旧トナメダメージシミュレーターとリアルモードの機能を統合しました。それに伴いモード選択機能を追加。旧シミュレーターの「ザコ敵全パターン出現」モードを統合しました。バトルスタートボタン上部の「モード選択」からリアルモード(ザコ4パターン+BOSSの実践モード)もしくは通常モード(ザコ全パターン出現の道中抜けターン目安確認モード)の選択が可能です。
2014.8.26
種族特効「龍族」を追加しました。
種族変更に伴い、表示を修正しました。
[ロジック修正]AS種族特効の場合の攻撃優先順を該当種族に修正。
スペシャルスキル連撃を追加しました。
段位選択を下部に移動しました。
2014.8.22
[ロジック修正]コメント欄にて指摘のあった「AS味方攻撃力UP」がSS攻撃に反映される現象を修正しました。
2014.8.13
シェア機能を追加しました。
2014.8.6
[バグフィックス]SS味方攻撃力アップが重複しないように修正。
[バグフィックス]単体攻撃UPのASが適用されないバグを修正。
[バグフィックス]単体攻撃UPのASの効果が途中から切れる不具合を修正。
2014.8.5
[バグフィックス]攻撃アルゴリズム修正。得意属性から攻撃するようにしました。
[バグフィックス]属性特効設定時は対象属性から優先攻撃するように修正。
2014.7.30
[バグフィックス]SS単体、全体がダメージ0になるのを修正。
[バグフィックス]%削りSS使用時に小数点以下が炸裂する現象を修正。
2014.7.29
リアルモードをテスト公開

使い方

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓
STEP1
まず乱数設定を行います。確実な結果を求める場合は0.9を、希望的観測で行く際は1.1を、標準的な結果を出す場合は1.0を選択してください。
STEP2
各デッキ情報を入力します。「*必須」のところは必ず入力してください。また、最低でも1人分は入力してください。
潜在能力にある「〇〇属性攻撃力アップ」が開放されている場合は、攻撃力欄にそれぞれ加えた数字を入力してください。
AS種類はおおよそ近いものを選択してください。アメリアやヴィーラのような属性数による攻撃力アップ系のものに関しては選択肢にありませんので、AS倍率欄で調整してください。
AS種類で連撃系を選択する場合、AS倍率欄は合計値で入力してください。例えば3連撃で45%×3の場合は合計135%で1.35と入力してください。
SSに関してもほぼASと同様ですが、SSには発動ターン数を設定します。ここには必要正解数ではなく、実際に発動するターン数を記入してください。
※ただしSSはザコ戦では意味を持たないため発動しないようになっています。設定した発動ターン数よりもボス開始ターンが上回る場合は、ボス戦開始直後に発動します。
最後にシミュレートする段位を選択して「バトルスタート」ボタンでシミュレート結果が即時表示されます。
結果のシェア
結果表示の下部の「シェア用URLを作る」ボタンをタップもしくはクリックすると、シェア用の短縮URLが生成されます。
そのままコピーして自分用にメモってもらってもいいですし、「ツイート」ボタンをタップもしくはクリックするとtwitter投稿画面が表示されるので、そのまま投稿もできます。
注意点
このツールはあくまで計算式にに則ってシミュレーションしているに過ぎませんので、必ずしもそのとおりになるわけではありません。また、ターゲティング機能はありませんので、うまくやれば実際は更にターン短縮できる場合もあります。
バグや要望などありましたらコメント欄もしくはtwitterで伝えてもらえると助かります!

STEP1-全体設定

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓

STEP2-出場選手設定

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓

1番目

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓

2番目

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓

3番目

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓

4番目

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓

5番目

パネルを閉じる↑パネルを開ける↓

RESULT

このツールの今後の改修にあたって簡単なアンケートを実施してます!
一瞬で終わる質問なので、ご協力よろしくお願いします!!→→→こちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. よめ より:

    非常に便利で助かっています(人-)
    10段のシミュ中に2点ほど気になる現象があったのでご報告させてください。

    ・出場選手
     Aさん
     攻撃力 10000, AS 単体攻撃UP(2.0), 属性 炎
     Bさん
     攻撃力 10000, AS チェイン単体攻撃UP(2.0, 2ターン), 属性 炎
     3体目以降
     攻撃力0のダミー

    1) 単体攻撃アップのASが反映されない
     1チェイン目に与えるダメージがAさん、Bさんともに同じダメージ(同族性に5000前後)となっていました。
     2チェイン目以降はAさん5000前後、Bさん10000前後となりBさんのASは反映されていました。
     Aさんが与えるダメージは5000前後から変わらず、単体攻撃UPのASが反映されていないようです。

    2) 特定のモンスターに対してチェイン系のASが発動しない
     2チェイン目以降のBさんが与えるダメージはおおよそ以下の通りですが、

      対水:5000, 対炎:10000, 対雷:15000

     赤のライブラに対してのみ、2500前後のダメージしか出ていませんでした。
     黄・青のライブラ、黄・赤のニャオルに対しては期待通りのダメージが出ていました。
     数値的にチェイン単体攻撃UPのASが掛かっていないようです。

    以上です。
    開発頑張ってください、応援しています(o尸’▽’)o尸

  2. neobon より:

    よめさん

    詳細の不具合報告ありがとうございました!!
    早速修正いたしました。
    確かに単体攻撃UPのASのプログラムに不備がありました。。。
    ただ2個目のバグがこちらでは再現できずで直せていません。

    同じ症状がまだ出るようでしたら再度教えて頂いてもいいでしょうか。

  3. ぞう より:

    neobon様

    いつも使わせていただいており、非常に助かっています。
    8段シミュレーション中に以下の点を見つけたのでご報告いたします。

    ・ASチェイン攻撃アップがSSダメージにも乗っている。
    参考シェアURL http://bit.ly/1pPZeDe

    以上になります。
    これだけの物を作り上げるのは大変ですよね。感謝と共に応援しています!

  4. neobon より:

    ぞうさん

    報告ありがとうございました!
    現象としては、イェルノーのASチェイン攻撃UPの倍率がSS発動時に乗っているということでよかったでしょうか?
    こちらで確認してみたところ、動作自体は正常のようでした。
    イェルノー自身のAS倍率が乗っているわけではなく、ルミィのSSバイキルトとバロンのASバイキルトが作用しているためです。

    例として対水属性へのプログラム上の計算式としては、
    イェルノーATK3222×(イェルノーSS1.5+バロンAS0.7+ルミィSS0.4)×属性1.5×チェイン1.07×乱数0.9=与ダメージ12101
    で算出されてます。

    計算式自体はこれで問題ないハズなのですが、いかがでしょうか。

    また、応援のお言葉ありがとうございます!!
    好きでやっていることなのでへっちゃらなのですが、そう言ってもらえるとすごく嬉しいです!!
    今後ともよろしくお願いします。

    • ぞう より:

      neobon様

      返信ありがとうございます。
      ちょっと書き方が分かりづらく、申し訳ありませんでした。

      イェルノーがSSを打つ場合ですが、記載いただいたダメージ計算の
      >イェルノーATK3222×(イェルノーSS1.5+バロンAS0.7+ルミィSS0.4)×属性1.5×チェイン1.07×乱数0.9=与ダメージ12101
      ですと、SSなのにバロンAS分がのってしまうことになります。なので

      イェルノーATK3222×(イェルノーSS1.5+ルミィSS0.4)×属性1.5×チェイン1.07×乱数0.9=与ダメージ8843
      となると思っていますがいかがでしょうか?

  5. neobon より:

    ぞうさん

    おっと!!それはマジですか!!
    そうだとすると根本的に勘違いしてました。
    AS味方攻撃力アップはベースの攻撃力自体を上げるものだと思ってましたので、SS攻撃時も底上げされた攻撃力はイキなのだと。。。

    実ゲームの方でも検証かけて、時間あるときに修正します!!
    貴重な情報ありがとうございます。

  6. neobon より:

    ぞうさん

    今ゲームの方で確認したらおっしゃるとおりでした!!
    というか、よくよく考えてみたらそりゃそうですよね、バロンのASが発動してはじめて攻撃力アップするんですもんね。。。

    速攻でプログラム修正頑張ります!!

  7. 匿名 より:

    いつもありがとうございます。

    ターゲティングやssを使うタイミングなども設定できるようになると嬉しいです。

    よろしくお願いします。

    • neobon より:

      匿名さん

      コメントありがとうございます!
      ターゲティングの実装は目下の目標です。
      実現に向けがんばります!

  8. 市場 より:

    お疲れさまです。
    今日初めてこのシミュレータを拝見させてもらったのですが、気になった点が1つあったので指摘させてください。
    出場選手のSS入力の「発動ターン」についてです。SSの「発動ターン数」と言うと、私はゲーム内で示されている「必要正解数」と同じ数字を連想します。ですが、実際のゲームに記載されているSSの「必要正解数」は、必要正解数分正解してから発動できる、つまりトーナメントでは必要正解数から+1したターンで初めて発動できるのですが、このシミュレータでは発動ターン数で入力したターンの始めからSSが発動できるようになっています。例えば、5問正解で発動できるSSは、シミュレータの5ターン目に発動できるのではなく、6ターン目に発動できます。
    「発動ターン数」が「○ターン目の始めに使用できる」と捉えれば辻褄は合いますが、実際「発動ターン数」言葉の定義が使う人によって曖昧で、勘違いを招きやすいと思ったので、指摘させていただきました。長くなって申し訳ないです。

    • neobon より:

      市場さん

      コメントありがとうございます!
      シミュレーターなので実際のゲームといろいろ異なる部分があり、言葉の使い方が難しいところではあります。
      ご指摘の通り、どちらにも取れる言い回しになっているので確かに混乱を招く部分ですね。
      項目名としては他に適切な言葉が思いつかないので、使い方のところで補足させていただきます!

  9. Smithk777 より:

    This website is mostly a walkby for all the info you wished about this and didnt know who to ask. Glimpse right here, and also youll undoubtedly uncover it. ddeaedeebbkceedd

  10. Johnd66 より:

    Hello. excellent job. I did not expect this. This is a great story. Thanks! egdcgaddecfe

  11. 匿名 より:

    SS自己強化は無いのでしょうか?ルフやミカサのような。

  12. Wicked is Your Ticket to Experience The Untold Wizard of OZ The tale is that of the Wicked Witch before Dorothy and Toto landed in the Land of Oz. Stephen Schwartz wrote the songs and lyrics of Wicked. Winnie Holzman wrote the book. The main idea of the book comes from a novel entitled Wicked: The Life and Times of the Wicked Witch of the West, although the two stories have surprisingly little in common. The story is that of Elphaba, the green Wicked Witch of the West from L. Frank Baum’s The Wonderful Wizard of Oz. In an amazing point of view twist, Elphaba is shown as the heroine in the story. She is a sweet, kind, and misunderstood person who just happens to have green skin. She goes to school, where she is ridiculed for her skin color. There she meets Glinda, who will eventually become the Good Witch of the North in the L. Frank Baum version of the tale. The two girls are complete opposites. The popular Glinda is interested in being beautiful and wearing the best fashions. Elphaba is a bookworm who wants to get good grades and take care of her handicapped sister. They end up being roommates, where an unlikely friendship develops. In spite of the fact that they both fall in love with the same man, in the end they become best of friends. At one point in the musical, Elphaba is summoned to see the Wizard of Oz. When she arrives, she realizes that his government is corrupt, taking advantage of innocent talking animals and robbing them of their ability to speak. She speaks out against the Wizard, who tells her that she will be ruined if she does not help him. He is the one who labels her “Wicked,” and Elphaba and Glinda are forced to go separate ways in spite of their friendship. The score is brilliant, and the storyline is pure genius. These facts, combined with the fact that Wicked is family friendly enough for children, yet appealing to adults, makes this one of Broadway’s best new shows. The critics agree, apparently, since Wicked was nominated for 10 Tony Awards in 2004 and won three of them. Best Costume Design and Best Scenic Design were two of the awards the show won. Wicked is currently touring throughout the U.S., enjoying an openend run at Chicago’s Ford Center for the Performing Arts Oriental Theater, and also playing in London’s West End at the Apollo Victoria Theatre. Author is great fan of Wicked show and loves to write about the show at website.

  13. 10段勢 より:

    いつも使わせて頂いております。
    大変使いやすくて感激です。

    ちょっとした意見要望させて頂きます。

    1.使い方には書いてありますが、属性攻撃力アップは別に欄を設けていると分かりやすいかもです。普段デッキ画面で反映されておりませんので。
    2.10段のシミュを複数回させて頂いてたのですが、青赤のパターンを見たことがないです。もし加えていなければ加えて頂けるとより実践に近くなるかと思います。
    3.乱数は自由に(もしくはもっと細かく)決められるようにして頂けるとより使いやすくなるかと思います。高段位になればなるほど0.9では抜けにくい場面も増えると思うのですが、実際どれくらいの乱数なら抜けられるのか試行錯誤出来ると便利だと思います。

    以上長くなってしまいましたが、可能なものありましたらどうぞよろしくお願いします。
    (自力計算に疲れた10段勢より)

  14. 匿名 より:

    攻撃対象を指定出来るようになりませんでしょうか?
    8段9ターンデッキで試したところ、シミュレーションでは10ターンクリアとなりました。原因はボス戦でのターゲットに問題あるからです。私は火蜂にターゲットして9ターン出せていますが、シミュレーターではロレッタをターゲットしており1ターン余計に掛かっているようです。
    また、道中の敵の出現する順番なども指定できればより良いと思います。8段では火敵と雷敵が2回ずつがほとんどで、雷敵3回および火敵3回のパターンはまれですが、シミュレーターでは雷敵3回の場合がほとんどです。

Your Message

PAGE TOP ↑